相手を褒めるな

人を褒めることに得がない

今回の記事は「褒める」ということの意味についてお話します。

 

褒めることはやめたほうがいい

 

世の中には「人を褒めて伸ばす」ということ言葉があります。

自分も褒められることは嬉しいし、もっと褒められたいという感情はだれしもがあるはずです。

 

しかし人と付き合う上で褒めるということはやめたほうがよいのです。

なぜなら褒めるということは上下関係を自然と作ってしまう行為だからです。

 

なぜ上下関係を作ることがダメなのか

 

上下関係というのは多くのデメリットがあります。

  • 上の立場の人の圧力の発生
  • 上下関係を利用して嫌なことを押し付けの発生
  • 上の立場の人のために動こうという間違った考えの人が作られる

 

などあります。

 

自分が上の立場でも下の立場でも上下関係を作らないように褒めるという行為は避けたほうがよいです。

 

じゃあ褒めたいときどうすればよいか

 

褒めることをせずに感謝することが大切になります。

感謝するということは上下関係を作りません。

 

目上の人でも対等な関係を築くことでコミュニケーションを取りやすくなると感じています。

 

上下関係や人間関係に困っている方はぜひ実践していただきたいです。

 

今回の記事の内容は「嫌われる勇気」という本からご紹介しました。

嫌われる勇気

こちらの本は読んでみて考え方が大きく変わるような衝撃的なことが多かったです。

また別の記事で「嫌われる勇気」についてご紹介します。興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

 

ブログ著者について↓

http://omo-taku.com/author/omotaku

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です